元、パソコンインストラクター 【あけぼの日記】

(株)サムライト 代表取締役 個人事業主から法人立ち上げまでの道のり~7年前、近所でパソコン教室を始めた。パソコンインストラクターから経営者へ・・・

テレQ けいざいNOW にて放映

ダブルクリックで拡大!

 

プロフィール

サムライト

Author:サムライト
株式会社サムライト 光岡真理の仕事ブログ

●介護予防事業部「脳の若返り教室」
●未来史「あゆみ」
●シニア向けPC教室
福岡・広島を拠点に、シニアの方々を中心とした、
楽しいパソコン教室・介護予防教室を開催。

twittwr

QRコード

QRコード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者に生活支援住宅

昨年の10月の新聞に 学研が

「高齢者専用の賃貸住宅を現在の6件から2014年度までに50件以上に増やす。」

という記事がでていました。
110120_180200.jpg



政府の補助拡大が見込める高齢者向け賃貸住宅への投資を増やし、
新しい事業の柱に育てるという
もくろみがるということで、注目していましたが、

今日の日経にいよいよ国土交通省と厚生労働省が、
高齢者向けに生活支援サービスが付いた新しいタイプの
賃貸住宅の整備を後押しするという記事が載っていました。
必ずしも介護が必要でない高齢者が高齢者賃貸住宅を求めるというニーズは、
今後の高齢化の進展で需要が見込めるでしょう。

驚くことに、 国交省の推計によると、単身や夫婦だけの高齢者世帯は
20年に1245万世帯と、全世帯の約4分の1を占める見通しらしいです。

国交・厚労両省は、こうした人たちの安心・安全の確保が急務とみて、
より質の良い賃貸住宅が必要と判断したわけなんですね。

要は補助金が出るわけですが、

日中に誰かが常駐し、24時間対応で緊急時に備えるサービスとなると、
ものすごいコストがかかるでしょう。

過酷な労働条件で人が流れてこないという介護の世界に、
これから国としてどのような施策が展開されていくか?

介護福祉士の研修も短縮されて資格も取りやすくなっているようです。

企業としては儲け、も大事だけど、そこでやれることを見つけて
人の役に立つ事をやっていきたいと心からそう思います。


関連記事

Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) 元、パソコンインストラクター 【あけぼの日記】 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。