元、パソコンインストラクター 【あけぼの日記】

(株)サムライト 代表取締役 個人事業主から法人立ち上げまでの道のり~7年前、近所でパソコン教室を始めた。パソコンインストラクターから経営者へ・・・

テレQ けいざいNOW にて放映

ダブルクリックで拡大!

 

プロフィール

サムライト

Author:サムライト
株式会社サムライト 光岡真理の仕事ブログ

●介護予防事業部「脳の若返り教室」
●未来史「あゆみ」
●シニア向けPC教室
福岡・広島を拠点に、シニアの方々を中心とした、
楽しいパソコン教室・介護予防教室を開催。

twittwr

QRコード

QRコード

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久山町調査ってご存知でした?

今日は図書館で借りた2冊を午前中に読破しました。

「ぼけの予防」と「もの忘れの処方箋」という本ですが、

その中で出てきた内容にびっくり。

今回、インストラクター養成塾を開催しようとしている、

粕屋郡の久山町の話が出てきたのです。

しかも、長年にわたって、久山町で調査が行われているそうです。

九州大学院でやっているらしいのですが、研究内容は以下のとおりです。

***************

 近年わが国では高齢人口が急増しており、
その対策が大きな課題となっている。
特に老年期認知症は医学的・社会的な大きな問題であり、
その予防手段の確立が急務である。
久山町では、1985年に65歳以上の高齢者を対象に
老年期認知症と日常生活動作の実態調査が行われ、
それを皮切りに認知症の疫学調査が始まった。
その後1992年、1998年、2005年にも同様の有病率調査を行っている。

***************

外国なんかではもっと大きな規模で調査が行われているらしいのですが、
日本では結構有名な大きな調査らしいです。

なんで久間町なのか???

***************
疫学調査が行われている福岡県久山町は
福岡市の東に隣接する人口約7000人の小さな町である。
過去40年間に福岡市の人口は65万人から134万人に倍増したが,
久山町は1000人ほど自然増加したのみである。
人口の移動が少ないことが、
長期にわたり疫学調査が続いた条件の一つとなっている。
この間,この町の年齢構成および職業構成は全国の平均にあり
町住民は偏りの小さい平均的な日本人といえる。

****************
ということらしい。
私が久山町でパソコン教室を展開しようと思ったのは、
やはり安定したシニア層がいるということだった。

(しかしここは町に一つしか学校がない・・・市役所と小中学校が隣り合わせで一つ・・・
というほど子供が少ない・・・)

しかし私が、今、認知症予防としてのプログラムを立ち上げていることが、
偶然と言えるのだろうか?
と思うほどすごいタイミングだなぁ。と思うわけだ。

何かこれにもわけがあるのかなぁ。

とにかく、

認知症を予防することと、パソコンを勉強することとは少しも科学的には予防になるとは

立証されていないのだが、いろいろなプログラムを立案して、

今から、立証していけたらなと大きく夢を思い描くのであります。

ブログランキングにご協力ください!
↑クリックするだけ!

福岡でパソコンインストラクターになりたい方は?福岡のパソコンインストラクター養成塾
関連記事

Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) 元、パソコンインストラクター 【あけぼの日記】 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。