元、パソコンインストラクター 【あけぼの日記】

(株)サムライト 代表取締役 個人事業主から法人立ち上げまでの道のり~7年前、近所でパソコン教室を始めた。パソコンインストラクターから経営者へ・・・

テレQ けいざいNOW にて放映

ダブルクリックで拡大!

 

プロフィール

サムライト

Author:サムライト
株式会社サムライト 光岡真理の仕事ブログ

●介護予防事業部「脳の若返り教室」
●未来史「あゆみ」
●シニア向けPC教室
福岡・広島を拠点に、シニアの方々を中心とした、
楽しいパソコン教室・介護予防教室を開催。

twittwr

QRコード

QRコード

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動くペットをうまく写真におさめるには?

最近お伺いするようになった生徒様で、 「ペットの写真をうまく撮りたい。」 という希望からパソコンとデジカメを始められた方がいらっしゃいますので、 少し勉強してみました。 まずは、 1.目線が大事 これは、ペットに限らず子供さんの写真でもそうですよね。 見下ろすアングルを下げ、同じ目線で撮る、 または、地面ぎりぎりまで下げて見上げて撮っても面白いのができます。 2.やはり手ブレ 失敗原因のほとんどでしょうね。 ペットを撮るのに三脚までは・・・という感じですが、ま、ハムスターとかの小動物なら三脚もいいんじゃないでしょうか? 三脚を使わないなら、しっかりとわきをしめて、注意してやるしかないですね~ 手ブレ防止策は、 「落ち着いて撮る」こと! 3.ISO感度を上げる ペットや子供は動きが早いですから、被写体ブレが一番の失敗原因でしょう。 ISO感度を上げてシャッター速度を速めるんですね。 デジカメによっては、シーンモードに「キッズ」や「ペット」と表示されているものもあります。 もうひとつのお勧めは、 4.連写機能を使う です。 動くものの一番いい表情を確実に捉えるのは至難の業ですからね。 連写機能は、やはりデジカメによって違いますが、1度に4,5枚は撮れます。 この時もやはりシャッター速度はISO感度を上げて、できるだけ速くしておきましょう。 最後に、猫ちゃんなんかを撮るとき、昼と夜では瞳の大きさが変わってしまいますよね。 なるべく大きな瞳で撮ってあげたほうがかわいい。 ちょっとお部屋の中を暗くして、フラッシュを発光禁止にして、やはりここでも ISO感度を上げる。 写真も奥が深いですよね~
スポンサーサイト

出会うのか会わせられるのか?

最近は新しい出会いがたくさんあって、 まあ、詳しくはもちろんここでは言えないわけだが、 毎回出会うたびにいつも思うのは、 「きっとこれは偶然ではないなぁ」ってことです。 であった時にただ思うのではなく、 例えば今日は、5年前に始めた教室で出会った生徒さん方と 楽し~いお昼を共にしたのだが、5年間の付き合いの中で、 たくさんの会話をし、私よりもずーっと長い人生経験をたくさん聴く。 その度にいろんな人生を疑似体験することができ、 笑ったり、ジーンときたり。 これってこの仕事の醍醐味だと思うのです。 最近では、75歳からパソコンをやってみたいという女性との 新しい出会いがあって、その方とのお付き合いも始まったばかり。 突然やってくるこうゆうのは、 本当にワクワクするし、 じんわりと私の人生の中に入り込んでくる感覚がまたたまらないのだ。 やっぱ、この仕事すばらしいと思うんだけど! 仲間が増えないかなぁ。

経営指針書作成

b140da2d.JPG「敵を知り己を知れば百戦危うからず」 孫子の兵法でも有名なことばですが、 自社の強み、弱みを分析する経営分析方法でよくたとえられる 一節ですね。 SWOT分析は以前から出来たものがあったので、 それをそのまま持参しましたら、 まったく的外れのものでした。 長々と強みや弱みを書くのでなく、 主語述語を短くし、明瞭に書く、のだそうだ。 しかし、そこからどう発展して、 どう戦略をねるのか? ここが難しいところだ。 分析後は、やはり優先順序をつけてやらなくてはならないことを 明確にし、片っ端から片付けていくしかない。 私は今まで、「軸はぶれていない」と自負していたつもりだったが、 今回のセミナーでは恥ずかしい思いをたくさんしましたね。 これで今までやってきたのか・・・ セミナーはあくまでもきっかけ。 本番は今から。 宮地獄神社の鳥居が海までまっすぐに、迷いなくのびているのを見て、 ぶれることなく、まっすぐに努力で突き進め~!!! っとさけびたくなりました。

経営指針塾に参加してきます

1泊2日で参加します。 早起きできれば朝の勉強会にも参加したい。 また明日は15日ですから、春日神社にも行きたい。 でも、息子がクラスマッチという。 パン注文はないらしい。 絶対弁当がいるそうだ。 明日の夕食の「おでん」はもうしこんである。 カップラーメンに、ポテトチップス、アイスクリーム。 大サービスだ。 主婦が2日家を空けるとなると、まだ無理があるかな~今は。 弁当が最優先、ということになりそうだ。 3年分の決算書、電卓、パソコン、たくさんの資料もろもろ。 カバンにつめて。 経営指針の塾にいくのに、まだまったくその事について 手をつけられないでいる。 実は1泊2日で行けば缶詰になって 着手できるのではないだろうか?という私のもくろみだ。 家のことはほったらかして・・・ お得意の出たとこ勝負だ。 今日はもう寝よう。

空について

私の竹刀袋には「平常心」という文字が書いてあった。 高校生の時だから、「緊張せずにいつも通りにする」 程度の意味でしか捉えていなかったように思います。 かといって、今よく理解しているかどうかは別として・・・ 先日、有名な指揮者の方のいいお話を聞く機会がありました。 指揮を30年やってきて、最近思うことは、オーケストラで指揮をするときに何を大事にするか?と問われたときに、指揮の出来や内容ではなく、 指揮をする寸前、 いわゆるタクトを上げる直前の 「無」 というか、 「空」 の状態、あの瞬間が最も大事なのだと最近になってやっと悟られたとか。 そうですね、私の場合は剣道でしたから、「そんきょ」をした瞬間にあたるかもしれないし、お互いに構えた瞬間かもしれない。 その時に勝負は決まる と教えられたような覚えがあります。 張り詰めた空気の中で何かをする、なんてことは 今となってはなかなか自分で意識しなければ そうならないですから、 毎日やっているヨガや、ふとした瞬間に我を振り返る、 神仏に感謝する(宗教でなく)というのは 本当に大事なことだと思います。

Copyright (C) 元、パソコンインストラクター 【あけぼの日記】 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。