元、パソコンインストラクター 【あけぼの日記】

(株)サムライト 代表取締役 個人事業主から法人立ち上げまでの道のり~7年前、近所でパソコン教室を始めた。パソコンインストラクターから経営者へ・・・

テレQ けいざいNOW にて放映

ダブルクリックで拡大!

 

プロフィール

サムライト

Author:サムライト
株式会社サムライト 光岡真理の仕事ブログ

●介護予防事業部「脳の若返り教室」
●未来史「あゆみ」
●シニア向けPC教室
福岡・広島を拠点に、シニアの方々を中心とした、
楽しいパソコン教室・介護予防教室を開催。

twittwr

QRコード

QRコード

カレンダー

02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校へ

中2になる息子の4・5年生の時の先生と縁があり、小学校にボランティアで教えに行っている。今回2回目。1、2時間目2年1組、2、3時間目2年2組。小学2年生って、こんなにかわいかったっけ? 先生「前回は1組で給食を食べていただいたので、今日は2組で食べてもらいましょう!」 生徒飛び上がる「わーーーい」 近年まれにない母性本能をくすぐられる。たまらん。  校長先生より、来年度から非常勤講師で来てくれないか?との打診。 悩むけど。(多分めちゃきついやろな)やりがいはあるだろう。2年2組
スポンサーサイト

家庭訪問

教室が始まって1年目のクラス。1年間、ずっと、自宅のパソコンに触れないでいたという。たった一つのクリックが解らなくて・・・教室で使うパソコンと自宅のとは違うと思い込んでおられたようで、早く行ってあげればよかったと思う。いつもそうだが、生徒さん宅に行くとその方の人柄がうかがえるし、どんな風に生きてきたかもなんとなく感じることができるので、私は苦にならない。

集客を考え直すべき時か?

今日のつつじヶ丘教室は2人だった。 一般クラスは1年で終了と決めているので、また新しく募集。 シニアに関しては、エンドレスでやっているので、どうしても元気のないクラスは少なくなってきている。考えてみれば、パソコン教室で3年続いて来てもらっているって、すごいことだと思う。 なれた教室がいいので、いまさら曜日も時間も変えたくないと思うし、教室を潰すのはつらいものがある。しかし、5人以下では苦しいものがある。大抵一人か二人はお休みがあるので、実質は2,3人の教室となる。これでは赤字。 しかも、来ていないのに月謝を貰うのは心苦しくて・・・・ もう少し教室運営のありかたを考えなくてはならないだろう。

託児つきの教室って~その3

さて、今日は知り合いの保険会社の人に尋ねる。2件。結局、無認可で、毎回来るかわからない子供の保障となるとやはり厳しい。  夕方、市の援助により格安で一時預かりする(1H250円ってすごくない!?)保育園に問い合わせた。 ~この保育園は上の子が2歳のときに出産の為3ヶ月預けたことがあった。泣きながら私を追いかける姿を思い出した。~ 結果はNO。一年間託児を予約することはできない。定員があるため、毎回お願いすることは約束できないとのこと。 やらないほうがいいのか?

託児つきって~その2

託児なんて、ほんの2時間誰かが(もちろん保育資格者)危なくないように見てあげればいいんだと思ってた。保険だ何だっていろいろややこしいらしい。 へこむなー。普通に保険入って何かあったときのために備えると、1時間当たり1000円くらいになるという。託児料2000円も払って誰も講習受けようとは思わないだろう。 子供を預けて勉強したい人はたくさんいると思うのに。何とかならないものか。

まだまだ地方は難しい

キーワードは女性起業家。都会で華やかなイメージである。 地域の公民館に乗り込み、パソコン教室を始めて、今では体が足りないくらいに教室を持つことができ、何も考えずに始めたわりにはかなり成功しているほうだと思う。  でも、雑誌に載っているような都会の女性起業家たちに比べ、地方で何かをするとなると、地方のニーズも違うし、価値観も多少違うので、地方は地方なりに独特のやり方でやらなければならないと思っている。 「草の根」的なことはできるけど、これ以上は成らない。 私は一体何がしたいんだろう? 最近悩む。

託児つきの教室って

もよりの公民館に出かけてパソコン教室を始めて3年になる。 講座開講からずっと続けてくれるシニアの方は私との長い付き合いを 楽しんでくれている。毎月二回の教室が楽しみで、通ってくれている。 本当にありがたい話で、どんなに私が精神的に救われていることか。  この仕事をたった一人で始めるにあたって、まず思い出されるのが、 子育てをしながら勉強してきたこと。大変だったが充実していたし、 若かったので、体力もあった。。。。 当時の思いの中に、子育てに追われている時は託児つきならなんでも 飛びついたようなところがあって、そのことを今日、久しぶりに春のような空の下洗濯物を干しながら思い出したのです。 託児つきって、難しいのかな?事故とかあったらこまるし、 部屋代も託児スタッフも雇わなくてはならないし、託児つきの生徒さん 5人いればトントンというところか? ニーズはあると思うんだけどなー。広範囲で新聞折り込みしてみようか。 ターゲットは若い主婦。名前シールや名刺、お知らせ文書作りなど、 若いお母さんが喜びそうなもので勝負してみようか? ただ、シニアさんのように深く交流しない=クールな付き合いになると 思われるので、期間は限定したほうがいいだろうな。

88歳の受講生

パソコン教室を始めて3年。縁あって、ものすごい田舎の公民館でシニアの教室を開催することに。初日の前日、滑り込みで申し込みがあった。「ものすごいババアですがよろしいですか?」私の教室では最高82歳。声の感じからして大丈夫そうだったので、快く。 当日お会いした。矍鑠とした88歳のおばあさま。子供たちに、迷惑をかけるからやめなさい、と止められたらしいが、どうしても習いたいとのこと。(息子は60歳だという・・・)ダブルクリックはとうていできないが、最後まで?お付き合いしたいと心に決める。 お手紙

続きを読む »

Copyright (C) 元、パソコンインストラクター 【あけぼの日記】 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。